« しらべてみる | メイン | あさげ »

2004年12月23日

部屋が寒い

寒いんだってばよ!
と、ナルト口調で言っても事態はいっこうに改善ません。

で、祝日の新聞に挟まれているチラシをじっと見て暖房器具のコーナーをみるわけです。あーれもないこーでもないと見ていると、熱効率というか、運用と導入のコストが安いものに目がいくわけです。

具体的には、ストーブと石油ファンヒーターです。エアコンはいきなり除外されます。COP6なら、運用コストは安いのですが、それは、室外機の環境次第なわけで、夏にうっかりエアコンスイッチをオンする危険を考えると、エアコンは大変に危険なブツであるのです。ゆえに除外。

ストーブは、導入は、特売品なら5000円代から。
個人的にも、市場的にも別格っぽいアラジンは例外的な特売で15000円から、上は40000円。
石油ファンヒーターは、10000円より。

上記二つのメリットとデメリットは似ていますが、決定的に違うのは、匂いの大小、燃料を補給するさいの危険です。ストーブの方が、匂いが強く、燃料を補給するさいのリスクが高く、設置場所もとります。しかし、安い、ヤカンでお湯が沸かせて、空気の乾燥にもいいかも、体感温度も上というメリットがあります。

てなわけで、今は、ちょっと無理して、アラジン買おうかなーとか思っているわけです。ブルーフレームかっこいいし。最新モデルだと、丸窓じゃなくて、完全にブルーフレームが見えるようにモデルチェンジされているところもよさげですBF(ブルーフレーム)3903。でも、やっぱり高いかー。うむむ。

投稿者 ranobe : 2004年12月23日 14:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://brunhild.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/53